カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

モーターの配線標示はコレ!ワイヤーマークKTD-200S

国内シェアほぼ100%

モーター(発電機)には、「口出し線」といって内部の巻線コイルに電気を送る為の配線や外部制御機器との接続部に、U・V・W・E等の相や信号を識別する表示が使用されています。
これは、電線を間違えて端子台に接続すると、回転方向が異なり故障の原因になる場合があるためです。

KTD-200 2

一般的に、モーター本体に接続方法を明記したもの(銘版)が付いていますが、使用の過程で取れたり、汚れたりして見えなくなっている場合があります。
その為、更に電線にも線番を入れることにより誤配線を防いでいます。

これに役立っているのがワイヤーマークKTD-200Sです。
電線に直接貼り付けて使用します。

KTD-200S巻き方

モーターは、世界中の電気の半分を消費しています。
私たちの生活を支える主要施設でも使用されており、正常に動作することはとても重要なのです。

「これだったら、市販のシールに文字を記載し貼り付けたらいいんじゃない?」と思われるかもしれません。
そこで、実際にシール屋さんに作成を依頼した会社がありました。
しかし、それを使用したところすぐに剥がれてしまいました。

市販のシールはモーター特有の高温、油汚れなどが発生する過酷な環境下での使用に耐えることができなかったのです。

ワイヤーマークKTD-200Sは、当社オリジナルのハイスペック素材を使用しています。
剥がれにくく、高温環境での使用に適しており、経年変化にも強いという特長があります。単なるシールと思うと高いと思われるかもしれませんが、私たちはただシールを販売しているのではありません。私たちはワイヤーマークと安心感を売っています。

数多くの種類と在庫を持ち、全て国内メーカーの材料を利用して国内生産を行い、完全にトレースできる体制となっております。その点におきましても安心して多くのお客様にご採用頂いております。

ワイヤーマークは、ただの印刷物(シール)ではないのです。
シール状のものではありますが、決して一緒ではありません。

ワイヤーマークは創業当時からの商品で、産学連携し、ノリの開発から行って作った商品です。20~30年の製品寿命がある間のメンテナンス時にも、消えない表示材料であることが評価され、モーターを始め、配電盤、工作機器、空調機器、鉄道車両などの分野で幅広く使用されています。

今後も、日々変わりゆく世界の流れにともない、EVや介護などの新たな分野での役割を担うことを目指し、特殊な素材の開発や印字方法など更なる開発を進めています。

ページトップへ